Blog

新人日記

映画が好きな方におすすめしたいゲーム5選

こんにちは、デザイナーの有松です。最近、日中の気温が高い日と雨が降る日が多く、だんだんと梅雨の訪れを感じてきております。

さて、今回は「映画が好きな方におすすめしたいゲーム」をいくつかご紹介させていただきたいと思います!
というのも、近年ゲームを元に実写映像化ということが増えてきており、普段ゲームをあまりプレイしたことのない方でも、元ネタが気になるのでプレイしてみたい、実況を見てみたいという方が増えてきているのでは……?と思い、この機にもっとゲームに興味を持って頂ければと感じたからです。
そのため、今回ご紹介させていただく作品は、ストーリーが特に面白いと感じた作品をメインとさせていただいております!
それでは早速……

◆Sherlock Holmes Chapter One

「シャーロック・ホームズ チャプターワン」(ホームページ

「Frogwares」という会社が制作しているシャーロック・ホームズが主人公のゲームシリーズの一つとなっており、今回は彼の相棒ワトソンと出会う前の若きシャーロックが主人公の作品です。事件現場に行き、情報を集めそれを組み合わせて真犯人を見つけるのですが、様々な証拠の組み合わせを試して推理したり、集めた情報の数によって選択肢が増えたり減ったりする仕組みは、本当に探偵になった気分になれるためとても楽しいです。他にも化学式を組みあわせて推理するようなパズル要素やギャングと戦う戦闘要素などもあります。
個人的には、推理する際の映像描写が、シャーロックの頭の中はこんな感じなのかもな……と想像することができるのもおすすめしたい要素の一つです。

●対応プラットフォーム⇒PC, Xbox Series X/S, PS4, PS5

「こんな映画が好きな方におすすめ?」
ヤング・シャーロック、シャーロック・ホームズ(2009)、オリエント急行殺人事件、ナイブズ・アウト、グラス・オニオン、ダ・ヴィンチ・コードなど推理要素のある映画。(シャッターアイランドなど)

◆Detroit: Become Human

「デトロイトビカムヒューマン」(ホームページ

人間そっくりの形をしたアンドロイドが普及する世の中で、3人のアンドロイドを主人公としてそれぞれのストーリーを交互にプレイしていく作品です。ストーリーが進むにつれ、選んだ選択肢がどんどん他のキャラのストーリーに影響していく様子は、ワクワクするとともに、まるで自分が一つの作品を作っているような気分になることが出来ます。選択肢によってエンディングが大きく異なるため、クリア後も何度も周回したくなる、そんな作品です。もしかしたら自分たちの未来にこんなことが起きるかも……と思えるようなストーリーになっているところもとても良いです。
個人的には、選んだ選択肢でキャラクターの性格が変化していく様子を間近で見ることが出来るため、主人公たちへの感情移入ができるのもおすすめしたい要素の一つです。

●対応プラットフォーム⇒PC, PS4

「こんな映画が好きな方におすすめ?」
AI、アイ,ロボット、アリータ、ザ・クリエイターなどのヒューマノイド型のロボットがメインの映画。(エクスマキナ、アイム・ユア・マンなど)

◆アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」(ホームページ

アンチャーテッドというアクションアドベンチャーゲームシリーズの4作目で、プレイヤーからはプレイする映画と言われるほどのクオリティを誇るゲームです。シリーズものではあるのですが、主人公のネイサンの幼少期の話もしっかりあるため、この作品からプレイしていただいても十分楽しめる作品かと思います。ストーリーが面白いのはもちろんなのですが、壮大な自然や海外の街並みを探索できるところは実際に海外旅行しているような気分になることができ、何より実際にプレイする場面と映像の切り替えがスムーズなため、没入感が凄いというところが一番のおすすめ要素です。
また、こちらの作品はすでに実写化されているため、そちらを見て気になった方はプレイしていただくと映画に隠された小ネタなどを知ることができ、更に楽しむことができるかと思います……!

●対応プラットフォーム⇒PC, PS4, PS5

「こんな映画が好きな方におすすめ?」
ハムナプトラ、ナショナル・トレジャー、インディ・ジョーンズ、ジュマンジ(2017)、グーニーズなどの宝探しや冒険要素がある映画。
(センター・オブ・ジ・アース、ロマンシング・ストーン、ナイト ミュージアムなど)

◆BIOHAZARD VILLAGE

「バイオハザード ヴィレッジ」(ホームページ

実写映画版シリーズでもおなじみのバイオハザードシリーズ作品の一つで、前作バイオハザード7 レジデントイービルの続編となっております(前作の説明があるため単体でも十分楽しめます)。主人公がイーサンになってからは一人称視点の作品になっているため、他のシリーズに比べて自分が主人公という没入感がより楽しめる作品となっております(現在は三人称視点に対応しております)。何よりおすすめしたいのは、敵キャラにもしっかりとストーリーがあり、思わずそちらにも感情移入してしまうようなストーリーとなっているところです。また、ストーリー内の絵本を見ているような気分になれる映像がとても素敵です。他の作品に比べるとゾンビ要素は若干薄めな印象で、同シリーズのバイオハザード4に舞台は近いです。
個人的に、ラストが特に感動できるおすすめの作品となります。DLCも本編のアフターストーリーとしてとても良い作品だったため、そちらも是非プレイしていただきたいです。

●対応プラットフォーム⇒PC, Xbox Series X/S, Xbox One, PS4, PS5, 一部のiOS機種, Nintendo Switch

「こんな映画が好きな方におすすめ?」
ヴァン・ヘルシング、ワールド・ウォーZ、アイ・アム・レジェンド、ドラキュラZEROなど

◆Until Dawn -惨劇の山荘-

「アンティル・ドーン -惨劇の山荘-」(ホームページ

こちらはホラーゲームの作品で、ストーリーに沿って複数人の主人公を交互に操作していく作品となっております。特徴は、ハリウッドで活躍しているキャストやスタッフが関わっており、映画やドラマで見るような演出などがあるところや、QTEという制限時間内に指定された行動をしないとストーリーに大きな影響を与えてしまうという要素が多くあるところだと思います。エンディングルートも複数用意されており、QTE要素を含め始終ハラハラドキドキしたいという方にはおすすめの作品だと思います。
個人的に好きな要素は、トーテムと呼ばれる収集アイテムを手に入れると未来を覗き見ることが出来る、という要素なのですがそれがどう作用するかは自分の選択肢に全てかかっているというところがとても面白いなと思います。

●対応プラットフォーム⇒PS4(リメイク版がPS5とPCで発売予定)

「こんな映画が好きな方におすすめ?」
ゴーストシップ、13日の金曜日、スクリーム、クライモリ、ファイナル・デスティネーションなど複数人が主役のホラー映画
(キューブ、タッカーとデイルなど)

いかがでしたでしょうか?ゲームから実写映像化した作品も多くありますが、ホグワーツレガシー、JEDIシリーズのように映画シリーズをゲームにした作品も多くあるため、様々なジャンルのゲームに興味を持っていただけましたら幸いです。

次の記事へ